かんじゅく座は60歳以上の方々のアマチュア劇団です。

***
***
***
***
***
***

2020年秋の出前公演決定
コロナに負けるな!ソーシャルディスタンス保って楽しく観劇しよう!

「ねこら!」

11月7日(土)、8日(日)14:00開演 みらい館大明体育館にて
11月15日(日)観客限定貸切

観劇は完全予約制になります。また、新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため、ご観劇前に検温、個人情報の記入などお願いいたします。詳細は改めて来月発表いたします。

稽古場日誌&SNS充実大作戦!

稽古場日誌の担当が座員のアベちゃんに、ツイッター担当が小春ちゃんになりました!ほかの座員たちからも情報を募りながら、新鮮なニュースや現況報告をできるよう、努めてまいります!ぜひ、フォローをよろしくお願いいたします!

お知らせ

フェースブック・ツイッター

\劇団員による/稽古場日誌

2020年9月11日セカンドライフと演劇と
 先日、新聞で「退職日が近づき、地域デビューが不安」との、男性の悩み相談を目にしました。  このように仕事一筋で還暦を過ぎ、人生のターニングポイントからの「生き甲斐探し」に悩める方が、意外に多いと巷間耳にしています。特に男性!(かく言う私も男性ですが。)  ライフプランは千差万別、セカンドライフのリズム作りも、人それぞれは当たり前。  どうせなら、嬉々とした日々に出来ればと、現役時代の私とは全く無縁だった演劇の世界に、「エイヤッ!」とばかりに飛び込んだのは一昨年。  好奇心だけが拠り所の、永遠の大根役者ではありますが・・・以下の如く、見事に心はハマっています。 ◼️配役の妙が楽しめます。 まだ駆け出しですが、既に「大工」「猫」「高校生」の役を演じました。 ◼️座員・スタッフ一丸となって、作品を創造する達成感がたまりません。 ◼️人間観察への興味が深まります。 ◼️脳がフル稼働します。 ◼️素敵な仲間に囲まれます。 ◼️心身ともに沢山のいい汗をかけます。……etc.  個々の座員に聞き取れば、さらに多様な価値観や魅力を語る者もいることと思います。  たまたま今回本欄を目にされ、セカンドライフでやりたい事をお探しの方にお伝えしたいのです。  手前味噌ではありますが、新たな自身との出会いを楽しみ、充実した時を得るには「演劇」への挑戦も・・・おすすめですよと!  座員は皆素人で、敷居も高くありません。気軽に一歩踏み出すことで、広がる世界がそこにはあります。  もし、興味を抱かれた60歳以上の紳士淑女の皆さん、見学からでも構いませんので、当劇団の主宰である「鯨エマ」宛て、お気軽にお問い合わせ下さい。 TEL 090―8083―6888            アベ
2020年8月31日手話との出会い
 今秋予定の出前公演、「ねこら」の稽古が進んでいます。実は今回、新たな演出として劇中歌の一つに、手話を織り込むことになりました。  初めて体験する私は不勉強でしたが、物の本によると手話演劇には歴史があり、高校演劇コンクールなどに国内の聾学校の生徒たちが多く参加していたり、手話狂言等の表現まであることを、後れ馳せながら知りました。  日頃は手話通訳や、手話関係の舞台の演出助手を務めていらっしゃる田中結夏先生の指導の下、我々の手話はまだまだ緒についたばかりで・・・・  現段階では、手指や腕の動きの習得に精一杯。下手をすると「お遊戯?」と、観られてしまいそうな域ですが。  視覚言語である手話も、音声言語と同様に「言語」であり、単に決められた動きをなぞるだけでは、物語としての味は出ず、そこには役としての思いを込めなければ「気持ち」が伝わらないという現実に触れ、改めて奥深さを認識した次第。  対象とする劇中歌は、母猫が我が子の幸せを、祈り願う内容です。  ゆったりとしたメロディーに、思いの詰まった手話を重ねて、本番では音声・視覚の両言語のハーモニーを紡ぎ出すシーンに、仕上げたいとの思いがつのるばかりです。            アベ
2020年8月23日月刊誌「清流」で取り上げていただきました
 座員ののんちゃんと一緒に取材していただきました。 取材は所沢のとある喫茶店で、1時間以上も話を聞いていただきました。  取材を受けるたびに、ここまでの活動に対する思いを再確認させられます。きっかけは他愛ないことでしたが、座員の心身の変化によって、自分が変わらなければならない局面にも多々遭遇したな、と、しみじみしたりします。  この取材を通して、いままで聞いたことのないのんちゃんの話を聞くこともできました。私は座員のみんなに対して先入観を持ちたくないこともあって、過去の経歴やご家族のことなどあまり聞いていませんが、のんちゃんの入団のきっかけが、お母さんの一言というのは初めて聞いて、驚きました。  すでにお亡くなりになりましたが、のんちゃんのお母さんは、何かにつけて思い出すことがあります。  戦中、たった一人でのんちゃんを産んだという話は、自分が出産で苦しかった時に思い出して、分娩台の上で勝手に励みにしました。以前、のんちゃんの晴れ舞台を南アルプスまで芝居をみにきてくださったこともあり、それもとても励みになりました。  この雑誌を、天国にいる、のんちゃんのお母さんにお見せしたいくらいです。  女性向けの雑誌と書いてありますが、男性でも興味深く読んでいただけるページが多数あると思います。よかったらぜひ、お読みください。  月刊「清流」2020年9月号 清流出版株式会社770円          鯨 エマ
2020年8月18日ダメ出しを糧に
 私達は、演じるための準備作業の一つとして、自身の配役の生い立ち・性格等を想定した「履歴書」を各自作成し、役作りや共演者との関わり、及び作品への理解を深める一助にしています。  当然ながら演劇には、脚本という確固たる軸があり、その流れに即して演技をする訳ですが、いざ荒立ち稽古が始まると、一筋縄では行きません。  稽古で陥りがちな我々の癖それは、履歴書で深めた理解も何処へやら・・・ひたすら台本の軸から逸脱せぬよう、順番が来たからと、与えられた台詞を機械的に発してしまうこと。  その際、「周りの演者との関係性は築けているのか?」「台詞が感情のキャッチボールになっているのか?」と問われれば答えは否で、物語はブツ切りに。  「すべての動きや台詞には、裏付けとなる動機がある!」と、主宰から間断なく発せられるダメ出しに、気付かされることばかり。  まずは、自らの履歴書で描いた配役のStoryで基礎作り。それを踏まえて、稽古の都度の「厳しく・的確なダメ出し」を身に付ければ、舞台は厚みを増して、より表情豊かになるのでしょう。            アベ
2020年8月3日秋に向け荒立ち開始
 十八番(おはこ)と呼べる演目を有するアマチュア劇団は、あまたあることと思います。  実は今、かんじゅく座でも、そんな作品が育ちつつあるのです。  その名は、「ねこら」。過去試行錯誤を繰り返し、複数回上演して来た演目です。  突然孤独になった一匹の飼い猫。彼が辿る日々で知り得た、「野良猫の実体」・「人間の勝手」・「名前や友達の大切さ」等を、ユーモラスにペーソス豊かに描がき、幼児からシニアまで、幅広い世代に楽しんで頂けるであろうと思います。  過去の公演と同じ配役の者は更に深掘りに努め、新たな配役になった者は新鮮な気持ちで向き合い、火金曜日・水曜日の両チームとも、既に荒立ち稽古に入りました。  当初、最近の厳しい環境を踏まえて、可能となれば秋頃に発表出来たらとの思いだけでスタートしましたが、なんとここに来て、観劇を検討して下さる方が出現。但し、このコロナ禍で最終的に実現に至るか否かは、現時点では分らないのが実情です。  しかし、舞台は演者・スタッフ・お客様で一緒に創造するものとの思いの我々にとっては、「待ち人現る」の心境。この混沌とした時節に、我々を待っていて下さる人がいらっしゃるということに心より感謝・感激!  ついては、実現を信じつつ、良い作品をお届けしたいとモチベーションも上昇。夏の暑さとも相まって、稽古は日に日に熱を帯びて行くのです。            アベ
2020年7月27日のびのび ダンス
 肩甲骨を充分にほぐして、肩は軽く。股関節の可動域を広げれば、膝も無理なく上がって。  7月17日の金曜日は、山口夏絵先生による『ダンス』の特別講座。  入念なストレッチで、全身を伸ばして緩めて…身体中の筋肉から聞こえて来たのは、「ムギューッ!」「ジーン!」「パンパン!」「スカーッ!」と、叫びと歓喜。  さて、柔軟性?をしっかり取り戻した身体で臨むダンス。  ダンスは、最近学校でもカリキュラムの一部だとか。いざ我々も実践してみると、リズム♪に乗って、偶々軽やかにステップが踏めた時の達成感や脳トレ効果も実感し、その理由に思わず納得。  レクチャーの最終盤、「決めのポーズは、各自オリジナルで!」との指示。  パッション全開でクルクルと舞う者、転げ回る者。各人各様の自由空間は、まるで舞踏家集団劇のエピローグ?  かく言う私は、漫才師の決めポーズを模写したりして。あぁ~、オリジナリティの無さに…愕然(笑)でした!!     火・金チーム アベ

\ぜひお買い求めください/グッズ販売

かんじゅく座公演のDVDは2年以上前の演目は一律1,000円、最新作は2,200円で販売しています。
お名前、送り先、お電話番号、ご注文商品、個数を明記の上、お問い合わせフォームからご依頼ください。

方舟は飛沫をあげて
最新作DVD「方舟は飛沫をあげて」
2,200円
DVD「みのりの畑」
DVD「みのりの畑」
1,000円
10周年記念CD「舞台に咲いた歌の花」
10周年記念CD「舞台に咲いた歌の花」
1,000円
DVD「シニアの花道」
DVD「シニアの花道」
1,500円
DVD「全国シニア演劇大会 in南アルプス」
DVD「全国シニア演劇大会 in南アルプス」
2,000円
DVDドキュメンタリー映画「つぶより花舞台」
DVDドキュメンタリー映画「つぶより花舞台」
3,500円

このたびは、かんじゅく座にお問合せいただきありがとうございます。
下記フォームに必要事項を記入のうえお問合せください。

お名前
メールアドレス
題名
メッセージ本文
ここがページの終点です。

ここがページの終点です。