かんじゅく座は60歳以上の方々のアマチュア劇団です。

***
***
***
***
***

劇団員、大募集!!

かんじゅく座では、新しい仲間を募集しています。
60歳以上ならどなたでもOK!
未経験でも大丈夫!
ぜひ一度、稽古場をのぞいてみてね!!

お問合わせはお気軽に → 090-8083-6888 または お問い合わせフォームから
稽古日時や月謝などについては → こちら

お知らせ

     
2月23日かんじゅく座が「東京ホームタウンプロ ジェクト 私の時間」で紹介されました。

60歳から始める演劇が元気の源&新たな出会いを招く | 東京ホームタウンプロジェクト | いくつになっても、いきいきと暮らせるまちをつくる

https://hometown.metro.tokyo.jp/post_time/vol-35/

11月5日出張公演確定版

今年の出張公演は以下の通りです。「*」は一般の方もご鑑賞いただけますので、お時間ありましたら是非お越しください。
11月30日(金)10:30 信濃町シニア活動館「花のき村と盗人たち」*
12月5日(水)14:00 新宿けやき園「花のき村と盗人たち」*
12月7日(金)10:30 新栄保育園「花のき村と盗人たち」
12月8日(土)13:30 江東区城東ふれあいセンター「花のき村と盗人たち」「ラムプの夜」*
12月12日(水)13:30 新宿区障がい者福祉センター「花のき村と盗人たち」「子どものすきな神さま」*
12月16日(日)13:30 聖園こどもの家(藤沢)「花のき村と盗人たち」「ラムプの夜」
12月22日(土)14:00 高円寺カトリック教会「花のき村と盗人たち」「子どものすきな神さま」*
12月26日(水)10:30 新桜台にじいろ保育園「花のき村と盗人たち」「子どものすきな神さま」

8月11日出張公演の演目等

今年度の出張公演の演目等の詳細が決まりました。
日程、場所については、現時点(8/11)での確定分です。

11/30(金)*
 火金チーム:信濃町シニア活動館 10:30〜 「花のき村と盗人たち」

12/5(水) *
 水チーム:新宿区けやき園(高田馬場) 14:00〜 「花のき村と盗人たち」

12/7(金)
 火金チーム:新栄保育園(新大久保) 10:30〜 「花のき村と盗人たち」

12/12(水) *
 水チーム:新宿区障がい者福祉センター(早稲田) 13:30〜 「子どものすきな神さま」「花のき村と盗人たち」

12/16(日) *
 火金チーム:聖園(みその)子供の家(藤沢) 時刻未定 「花のき村と盗人たち」「ランプの夜」

12/22(土) *
 水チーム:高円寺カトリック教会 時刻未定 「子どものすきな神さま」「花のき村と盗人たち」

*:一般のお客さまもご覧いただけます。

  

  

フェースブック・ツイッター

\劇団員による/稽古場日誌

2月23日振り付け(火金チーム)

1月12日と19日は振り付けの稽古
こちらも新しい先生です。

「身体の力を抜いて〜〜」
と言われ、

「抜いてるつもりなんだけどーー」
と思いつつ、身体はあちこちギクシャク…..

身体慣らしの後、5月公演のプロローグの動き作り

二日間で全員の動きが完成!!!

とは言うものの、音楽のテンポが取れずに四苦八苦する座員一同

「絶対取れるから!!」
との先生の言葉を信じて、曲を身体に覚え込ませるべく、スマホやレコーダーで音楽を録音して終了

いやー、難解!!
          (はるみ)

2月23日チームカラー

2月20日(水) 水曜チーム
 先週13日と今週20日、二回の歌稽古が終了しました。ですが実は私は15日の火金チームにも臨時参加し、三回の稽古を終えています。
 15日、恐る恐る稽古場に行きますと「あら?」と訝しがられる中、「なるほど、新制度の有料参加だね?」と迎え入れられホッと一息、身を縮めながらの歌稽古でしたがとても有意義でした。
 歌稽古そのものの理解が進むのは当然として両チームのチームカラーの違いをつぶさに感じることが出来、また違いに応じて指導してくださる白神先生に敬服することしきりでした。
 火金チームはとても熟成していて、自然な役割分担の下、なだらかに稽古が進んで行きます。質問やツッコミがテンポ良く入り、団員相互が励まし合いながら稽古が進む様子は素敵でした。異分子の受け入れ、ありがとうございました。  水曜チームには個性豊かな凸凹感があり、エネルギーを感じています。
 白神先生は様々に工夫を凝らし、チームの一体感の醸成を図ってくださいました。組み分けにより他組みと向き合い聴きあったり、全員が輪になり手を繋いでお互いを感じながら練習しました。  〈楽譜〉で歌うだけでなく〈詞〉として歌い、それぞれの人生経験を表現していく。それがチームとして練り上がって行くように。  いただいた高次の課題に向かい稽古に励んで行きます。
 白神直子先生、本当にありがとうございました。CDで聴く先生の歌はとても優しく温かいです。
        (やっこ)

2月2日なんとか….(火金チーム)

緊急事態に陥っていた火金チームその後の状況です。

① エマさんが無事に女児を出産しました!
② 代役が決まり、出演者が揃いました!!

ここに至るまでにはいろいろあったものの、とりあえず結果オーライです(笑)

一ヶ月の産休を取得するエマさんに代わり、歌、振り付け、本読み、それぞれに専門の先生が来てくださいます。
1/29(火)は配役の発表と本読み、2/1(金)は歌、でした。

初めての先生との出会いは緊張もしますが、新しい発見の連続でもあります。
皆、真剣な面持ちで先生の言葉に耳を傾けます。

エマさんの復帰までに台詞を覚え、役の履歴書を作り、歌や振り付けも覚えなければなりません。

やらなければならないことは満載ですが、目標があり、そこへ向かって進んでいける、というのは幸せなことだと、改めて感じるこの頃。

皆で協力してより良い作品を創りましょう!

       (はるみ)

1月23日緊急事態発生(火金チーム)

1月22日(火)5月公演の本読みが始まって一週間後、エマさんのインフルエンザ罹患と、ある男性団員の突然の退団が重なり、火金チームはかつてない緊急事態に直面。

インフルエンザから風邪に移行してしまったというエマさんは、声も出ないし、時々ひどく咳き込んでしまいます。見ている団員はハラハラ…

アップは団員が自主的に行い、本読みに入る前に、降板者の代役をどうするか、善後策の話し合い。
数人が代役探しの経過を報告し、返事待ちも数人いる状況ですが、日程も限られていることから、第二案、第三案も検討しました。

次に台本の内容に対する「違和感」についての討議。

こちらは個人差が大きく、最終的にはエマさんに委ねることになりますが、こういう話し合いができるところがかんじゅく座の魅力だと、私的には思っています。

そして今日は、5月公演の美術と振り付けを担当してくださるスタッズさんが、来てくださいました。
お世話になります、よろしくお願いしますm(_ _)m
そして、お手柔らかに!!

あー、しかし、代役が難題だ。早く見つかれーー!!
       (はるみ)

1月10日水曜チーム新年スタート

1月9日

全員そろって稽古場近くの神社に初詣を行い、1年間の無病息災、公演の成功を祈り、2019年のかんじゅく座がスタートしました。

さっそく5月本公演にむけた台本が配られ読み合わせ。今回は2010年第4回公演で上演した『方舟は飛沫(しぶき)を上げて』のリメイク版。再演ではなくリメイク版ですので、現代2019年も出てきます。

水曜チームで初演に参加したメンバーはほとんどいないので、リメイク版といってもピカピカの新しい作品。どんなお話か興味津々でページをめくります。

登場人物は? どんな掛け合い? この人たちどうなっていくの? お、歌もあるぞ。さあ、稽古に向けてのやる気がむくむくとたちのぼってきましたよ。
では、これからの展開をお楽しみに!

        (小春)

1月8日火金チーム始動

2019年1月8日(火)
火金チームの2019年の活動が始まりました。

朝一番で「須賀神社」に初詣、記念写真撮影後、稽古場に移動し、今年の本公演の本読みが始まりました。

今年は、2010年のかんじゅく座第4回公演の再演です。
といっても、変更部分も多くあります。

火金チームには、昔からの劇団員が多いので、現在の構成員の約半分は初演に出演していました。

今日は一度通して読んだ後、物語の設定の部分での意見を交換しました。

時代背景は1964年の東京オリンピックの頃です。

活発な意見を聞きながら、時代によって、価値観はずいぶん変化するものだと実感しました。

さあ、みんなで協力して、より良い作品を創っていきましょう。

       (はるみ)

\ぜひお買い求めください/グッズ販売

かんじゅく座公演のDVDは2年以上前の演目は一律1000円、最新作は2200円で販売しています。
お名前、送り先、お電話番号、ご注文商品、個数を明記の上、お問い合わせフォームからご依頼ください。

最新作DVD「みのりの畑」
2200円
10周年記念CD「舞台に咲いた歌の花」
1000円
DVD「シニアの花道」
1500円
DVD「全国シニア演劇大会 in南アルプス」
2000円
DVDドキュメンタリー映画「つぶより花舞台」
3500円

このたびは、かんじゅく座にお問合せいただきありがとうございます。
下記フォームに必要事項を記入のうえお問合せください。

お名前
メールアドレス
題名
メッセージ本文
ここがページの終点です。

ここがページの終点です。