かんじゅく座は60歳以上の方々のアマチュア劇団です。

***
***
***
***
***
***

予約開始!かんじゅく座&半熟座 ジョイント公演 「ねこら!2020」

かんじゅく座の恒例行事である秋の出前公演に、半熟座が参戦します。半熟座は昨年9月から始まったミニミュージカルを創作する短期ユニットで、コロナにより6月に予定していた公演が延期になってしまいました。しかし、潜伏期間を経て、ついにお披露目です。
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、今回の公演は完全予約制とさせていただきます。以下のご予約時確認事項をご了承の上、ご予約をお願いいたします。

★予約メールの方法
件名を「半熟座予約 (予約者のお名前)」としてinfo@kanjukuza.comに送ってください。
本文に、①お名前(フルネーム) ②ご連絡先電話番号 ③同伴者フルネームをお書きください。
また、小学生未満のお子様がいらっしゃるかどうかもお伝えください。

★ご予約時確認事項
①当日はマスク着用、上履き持参でお願いします。
②お出かけ前に、検温をお願いします。37、5度以上の方はご入場をお断りいたします。
③ご入場の際、お名前、検温結果、お電話番号、交通経路を記入していただきます。
④万が一、感染者が発覚した場合は、③の個人情報を保健所など然るべきところへ提出させていただきます。
⑤ご入場時に手洗い、手指消毒など衛生整備をお願いします。
⑥ お客様、スタッフ、出演者、合わせて100名を上限としております。客席は通常よりも間隔を広くしておりますので、身体の都合で介添えが必要な場合などを除いて、ソーシャルディスタンスを保っていただきますようよろしくお願いいたします。

すでにご承知とは思いますが、一回のクラスターが、演劇界全体に及ぼす影響は甚大です。当日はできるかぎりの対応策をもって臨みたいと思いますので、ご協力よろしくお願いいたします。

お知らせ

フェースブック・ツイッター

\劇団員による/稽古場日誌

2020年10月26日5年目のすくみ足
 かんじゅく座に入って5年目になった。  稽古の後のお茶、ついつい話が弾み、帰ろうとしたら、足がすくんで動けない。薬がキレたのである。パーキンソン病の5年目は症状が悪くなるというが、その通りであった。同じ町内に住むいっちゃんに送られ、何とか帰宅。  足がすくむ、小走りになる、改札口が通りにくい、外出困難の状態が出ていた。  朝、犬の散歩中、つんのめって手を切る。医者に相談して薬を増やしてもらわないと生活困難に陥る。芝居どころでない。4時間おきに薬を飲む、分量を増やすことになり、何とか状態がよくなり、芝居もやっていけそうだ。  毎日体操、発声練習、散歩をやってる。週一回のマッサージ、月二回のリハビリ、9週間毎の通院、硬くなっていく身体との戦いは死ぬまで続く。  自分ひとりでパーキンソン病と闘っていると考えていたが、芝居仲間は勿論、通りすがりの人にも助けられ見守られている今日この頃である。            やま
2020年10月15日チラシにも思いを込めて
 公演まであと1ヶ月を切り、稽古も追い込みの時期になってきました。水曜チームも金曜チームも益々士気が上がってきたように思います。  数年前から後半期公演のチラシを作成してきた私は、今年の演目「ねこら」のチラシも作りました。色々考えて、登場する12匹の猫一匹一匹に思いを込めて描きました。  チラシの真ん中は隅田川をイメージして、別紙で水はりをした上に絵の具をにじませて塗り、かわかしてから貼り付けたり、猫はそれぞれ折り紙にトレースして描き切って貼って・・・できました。  去年の東京都島嶼部公演では、合間にスケッチしたりして・・・そういえば高校生の頃美術部にいて学園祭の門のアーチを放課後作ったりしたのを思い出しました。  父が趣味で絵を描いていて、子供の頃みんなでスケッチしたのが原点なのかと思います。しかし、もっともっと芝居も絵も上手になりたいと思います。  コロナに負けるな!2020年秋。元気なねこらの物語をどうぞ皆々様ごらん下さいませ。お楽しみに。          マリリン
2020年10月5日Cancer Gift (キャンサー ギフト)
 皆様はキャンサーギフトという言葉をご存知でしょうか。  「癌を経験したからこそ得られるもの」と言われていますが、私は「癌にかかった者への神様からの贈り物」と解釈しています。  前月末に内視鏡検査を受けました。ステージ4の直腸癌手術を昨年して、はや1年3ヶ月が経ちましたので。検査結果は「手術した直腸は全く問題なし。完璧。」肝臓に転移してできた腫瘍も「5mm以下で変化なし。」いや~ホッとしました。  帰り道、フト見上げて目に入った曇り空の中の青空。立ち寄った喫茶店で聴こえた幼子の泣き声。かぶりついたホットドッグの食感、などなど。嬉しく、いとおしく感じられました。生きているからこそ味わえる感覚です。    併せて、自分も他人様から生きる力をもらっている、ということを改めて認識しました。             これから毎年一回、内視鏡検査を受けるたびに、こうした「神様からのプレゼント」を頂戴できます。        樹木希林さんが言う「癌と友達」といった心境です。「癌と折り合いをつけながら」焦らず、動じず、謙虚に生きて参ります。  芝居のほうは先週からいよいよ「通し稽古」に入りました。検査結果も問題なし、と出ましたので後顧の憂いなく、稽古に専念できそうです。            ヒコ
2020年9月24日演者目線と観客目線と
 私は、現役時代に金融機関で、法人取引の新規開拓に従事していました。  顧客を前にして、噛まずにプレゼンを展開出来ればそれだけで、充足感を得ていた気がします。  時を経て、某社の総務に出向し攻守ところを変えて、各金融機関の勧誘を受ける立場に立つと、どうでしょう!相手のセールストークの巧拙に関わらず、当方の心の琴線に触れるものと、触れないものに、明確に二分されることに気付きました。  つまり、舞台に置き換えれば演者vs観客・観客vs演者的な両方の目線を、思いがけず現役時代の実務を通して経験したのです。  さて、かんじゅく座ですが、実はそれと同様の経験を、居ながらにして積むことが可能です。  それは何故か?・・・・・  答えは、2つのチームで同一演目の稽古を、ダブルキャストで並行的に重ねているからです!  演者として、本読みや稽古の際のダメ出しを拠り所に、作品全体や行間、そして役の心情を深掘りして理解したつもりで演じていても、それが観客の目線にどのように映っているのかを、感覚で計り知るのは至難の技…  ゆえに相互のチームの稽古を見学することが可能な我々は、良い意味で「人のふり見て我がふり直せ!」の例えのとおり、演者と観客の攻守ところを変えることで、ダブルキャストの演者達の、台詞回し・表情・所作等から多くを学び、自身の演技の糧に出来る訳です。  これが座内2チーム制の妙・・・今後も大いに活かしていくぞっ!           アベ
2020年9月11日セカンドライフと演劇と
 先日、新聞で「退職日が近づき、地域デビューが不安」との、男性の悩み相談を目にしました。  このように仕事一筋で還暦を過ぎ、人生のターニングポイントからの「生き甲斐探し」に悩める方が、意外に多いと巷間耳にしています。特に男性!(かく言う私も男性ですが。)  ライフプランは千差万別、セカンドライフのリズム作りも、人それぞれは当たり前。  どうせなら、嬉々とした日々に出来ればと、現役時代の私とは全く無縁だった演劇の世界に、「エイヤッ!」とばかりに飛び込んだのは一昨年。  好奇心だけが拠り所の、永遠の大根役者ではありますが・・・以下の如く、見事に心はハマっています。 ◼️配役の妙が楽しめます。 まだ駆け出しですが、既に「大工」「猫」「高校生」の役を演じました。 ◼️座員・スタッフ一丸となって、作品を創造する達成感がたまりません。 ◼️人間観察への興味が深まります。 ◼️脳がフル稼働します。 ◼️素敵な仲間に囲まれます。 ◼️心身ともに沢山のいい汗をかけます。……etc.  個々の座員に聞き取れば、さらに多様な価値観や魅力を語る者もいることと思います。  たまたま今回本欄を目にされ、セカンドライフでやりたい事をお探しの方にお伝えしたいのです。  手前味噌ではありますが、新たな自身との出会いを楽しみ、充実した時を得るには「演劇」への挑戦も・・・おすすめですよと!  座員は皆素人で、敷居も高くありません。気軽に一歩踏み出すことで、広がる世界がそこにはあります。  もし、興味を抱かれた60歳以上の紳士淑女の皆さん、見学からでも構いませんので、当劇団の主宰である「鯨エマ」宛て、お気軽にお問い合わせ下さい。 TEL 090―8083―6888            アベ
2020年8月31日手話との出会い
 今秋予定の出前公演、「ねこら」の稽古が進んでいます。実は今回、新たな演出として劇中歌の一つに、手話を織り込むことになりました。  初めて体験する私は不勉強でしたが、物の本によると手話演劇には歴史があり、高校演劇コンクールなどに国内の聾学校の生徒たちが多く参加していたり、手話狂言等の表現まであることを、後れ馳せながら知りました。  日頃は手話通訳や、手話関係の舞台の演出助手を務めていらっしゃる田中結夏先生の指導の下、我々の手話はまだまだ緒についたばかりで・・・・  現段階では、手指や腕の動きの習得に精一杯。下手をすると「お遊戯?」と、観られてしまいそうな域ですが。  視覚言語である手話も、音声言語と同様に「言語」であり、単に決められた動きをなぞるだけでは、物語としての味は出ず、そこには役としての思いを込めなければ「気持ち」が伝わらないという現実に触れ、改めて奥深さを認識した次第。  対象とする劇中歌は、母猫が我が子の幸せを、祈り願う内容です。  ゆったりとしたメロディーに、思いの詰まった手話を重ねて、本番では音声・視覚の両言語のハーモニーを紡ぎ出すシーンに、仕上げたいとの思いがつのるばかりです。            アベ

\ぜひお買い求めください/グッズ販売

かんじゅく座公演のDVDは2年以上前の演目は一律1,000円、最新作は2,200円で販売しています。
お名前、送り先、お電話番号、ご注文商品、個数を明記の上、お問い合わせフォームからご依頼ください。

方舟は飛沫をあげて
最新作DVD「方舟は飛沫をあげて」
2,200円
DVD「みのりの畑」
DVD「みのりの畑」
1,000円
10周年記念CD「舞台に咲いた歌の花」
10周年記念CD「舞台に咲いた歌の花」
1,000円
DVD「シニアの花道」
DVD「シニアの花道」
1,500円
DVD「全国シニア演劇大会 in南アルプス」
DVD「全国シニア演劇大会 in南アルプス」
2,000円
DVDドキュメンタリー映画「つぶより花舞台」
DVDドキュメンタリー映画「つぶより花舞台」
3,500円

このたびは、かんじゅく座にお問合せいただきありがとうございます。
下記フォームに必要事項を記入のうえお問合せください。

お名前
メールアドレス
題名
メッセージ本文
ここがページの終点です。

ここがページの終点です。