かんじゅく座は60歳以上の方々のアマチュア劇団です。

***
***
***
***
***
***
parite_f

いよいよ開幕!

 

「パリテ!」PRビデオ
https://youtu.be/AOLU7wOQxWI

 

「パリテ!」6月17日、20日の全国シニア演劇大会in Tokyoでの劇場観劇、ライブ配信、アーカイブ配信でお楽しみいただけます。
劇場観劇、ライブ配信どちらも受付中!
アーカイブ視聴のチケットは6月30日20:59まで購入可能、視聴は23:59まで

詳しくはシニア演劇ネットワークのホームページをご覧ください。
http://s-engeki.net

ライブ配信、アーカイブ配信お申し込みはこちらになります。
https://www.confetti-web.com/detail.php?tid=60808

会場地図
アクセス|あうるすぽっと OWLSPOT THEATRE」

「パリテ!」出前公演 受付中!
都内、近郊の場合、基本的に上演料はかかりません。
場所によって舞台セット運搬費、交通費をいただく場合があります。
出演者:20名
上演時間:65分

→ ご依頼、ご相談はお問い合わせフォーム

「パリテ!」チラシのダウンロードはこちら(PDF:1MB)

お知らせ

2021年1月2日お問い合わせをくださる方へ
入団希望やそのほかお問い合わせをくださる方は、当劇団からのメールを受け取れるように受信設定していただくか、必ず電話番号を明記するようにしてください。せっかくお問い合わせ頂いても、返信が弾かれてしまうことが多いです。どうぞ宜しくお願い致します。 鯨エマ 09080836888
2020年12月14日「パリテ!」出前公演先 募集中
かんじゅく座は、いま2021年6月に全国大会で上演する「パリテ!」の稽古をしています。 この演目の出前公演先を募集しています。 小中高等学校をはじめ、演劇鑑賞をかんがえていらっしゃる団体の方、ぜひ、ご検討ください。 内容: 職場のストレス、育児のストレスから逃れて、故郷である田舎町に戻ってきた女性が、ふとしたことをきっかけに、町長選挙に出馬することに!その町では、高等学校の生徒会長選挙も間近に迫っていました。自分の悩みを、社会の問題としてみんなで考えていくにはどうしたらいい?生活と政治と人の繋がりを問う、選挙劇! 上演時間:1時間 オプション: アフタートーク。終演後にお客様とお芝居について話す30分。 料金 :基本的に無料ですが、場所によっては交通費や舞台セット運搬料などご相談します。 お問い合わせ: 09080836888またはお問い合わせフォームから。
2020年11月20日2021年6月の全国大会参加作品に向け、新たな仲間を募集しています。

2021年6月あうるすぽっと(東池袋)

60才以上のシニア劇団かんじゅく座『パリテ!』出演者募集

「かんじゅく座」では、 全国12劇団が参加予定の『全国シニア演劇大会in Tokyo』で上演する公演「パリテ!」(作・演出 鯨エマ)の出演を前提とした劇団員を募集しています。
シニアならではの持病、闘病、リハビリ、老老介護、看病、孫の世話、そしてまだまだ仕事がある、、、などの諸事情を抱えている方ばかりですが、助け合って毎年2回の公演を続けながら15年が経ちました。
芝居がやりたい!という気持ちがあれば、初心者でも、台詞が覚えられなくても、きちんと指導し、必ず舞台に上がっていただきます。いい仲間と、たくさんのお客様との出会いがあります。ご参加お待ちしています。

【本番】

『全国シニア演劇大会in Tokyo』

2021年6月17日/前夜祭 18-20日/本大会中、1ステージまた は2ステージ出演
※本番前に別会場で限定観客の凱旋公演を予定しています(詳細未定)

【稽古の曜日と月謝費用】

かんじゅく座は2チームに分かれて活動しています。どちらも同じ演目を稽古しますが、週1回の水曜チームは芝居の稽古メインで。週2回(火曜、金曜)の火金チームは稽古と基礎稽古(発声やダンス、即興、歌、リズム、座学など)を組み合わせて進みます。
ただし水曜チームは、公演本番2〜3ヶ月前から土曜日に臨時稽古が入り、そのぶんひと月4千円加算になります。

▶︎週2回の火金チーム 10:30〜13:30(基礎稽古は12:30まで)
月謝
60代13,000円
70代12,000円
80歳以上5,000円
公演前は16:00まで稽古。

▶︎週1回の水曜チーム 10:30〜13:30
月謝
60代9000円
70代8000円
80歳以上5000円

臨時稽古を開始すると、水曜と土曜になり、時間も16:00までとなり月謝はプラス4000円。

【『パリテ!』について】

「パリテ」というのは、選挙の時に候補者を男女同数にしようというフランスの法律です。とある田舎町で、女性が町長選に立候補する物語。ダブルキャストです。

【稽古場】

主な稽古場 猫の寄り道スタジオ(新宿区荒木町*最寄駅は地下鉄曙橋または四谷三丁目駅)本番直前の集中稽古はみらい館大明(豊島区池袋)を予定。

【申込方法】

稽古見学したい方は、直接「かんじゅく座」主催の鯨エマさんにお電話でご連絡ください。見学などしていただき、12月15日までに決断していただければと思います。(鯨エマ:09080836888

フェースブック・ツイッター

\劇団員による/稽古場日誌

2021年6月22日「全国シニア演劇大会」が済んで
 真夏の夜に打ち上げられた花火の後の静けさに似た日々が戻って来た。何故か寂しくあの気ぜわしさが恋しい。生きていると生で感じたあの「かんじゅく座」の「パリテ」の稽古風景。  私の役は自分らしさを求めて性に悩む高校生。普通なら戻れぬ青春に会え、身も心も全トッカエ!小気味いいほど快感でした。  舞台に立ちもう浴びることはないと、いや一生浴びる事はないと思っていたスポットライトに目が眩み、あのドキドキ感を「かんじゅく座」の先輩から力を貰い、人生失敗は付き物、それがあるから成長があると自分に言い聞かせ「あうるすぽっと」に立った初舞台。70歳を過ぎてのデビューに身も心も震えたあの日、エマさんはじめ座員の皆さまには大変お世話になりました。沢山の声援と汗と涙を頂きました。  歳をとる速さは超特急!「円熟の芝居」が「完熟の体」になりつつある今、身を引き締めながら、今終わった舞台の興奮を噛みしめ、胸に感じる残り火の温かさを楽しんでいます。そして「パリテ」の舞台を胸に描きながら、それを肴に今宵も旨い酒を呑んでいます。                         秋生
2021年6月15日いよいよ幕開け!
 いよいよ全国シニア演劇大会直前。私達ウグイスチームはそのトップバッター、レビュー公演となる6月17日です。(ちなみに、カラスチームの公演は6月20日です。)  私の役しのぶは、私の設定では1931年生まれの90才。全くの平凡な私自身からみると憧れる程に想像力豊かでユニークで、そして私達には敵わない戦争を乗り越えた方々共通の生きる底力、根強さ、芯の太さを持った女性です。作品で産み出された個性にどうすれば近づいていけるか?  あっという間の稽古期間でした。惚れ込んだしのぶ役、1年半(途中コロナで稽古も中止にもなりましたが)共に過ごしたこの役が、もう直ぐ自分から離れていく事に一抹の、いえ、すご〜い淋しさを感じるだろうなと。  オットットー!感傷に浸るのはまだ早い!本番はこれから!しのぶとしての一度っきりの舞台。いつものように舞台袖で「全力を尽くして」「肩の力を抜いて」と相反する事を自分に言いきかせながら。  しのぶの台詞ではないけれど、「ご観劇予定の皆様、そして今のところ迷っておいでの皆様、ちょっとお耳を拝借しますよ。6月17日〜6月20日は何の日?もうちょっとで幕が開きます! あうるすぽっと でスタッフ、キャスト一同『ようこそ!』と、とびきりいい笑顔でお待ちしていま〜す」            のん 【お知らせ】 いよいよ今週本番!! 2021年6月17日&6月20日 舞台芸術交流センター「あうるすぽっと」(東京都豊島区)にて上演する「パリテ」の予告編を、下記URLにてご視聴頂けます。↓ https://youtu.be/AOLU7wOQxWI
2021年6月14日その先の場所 
 「ホーホケキョ♪︎」2年前迄は、毎日のように鳴いていてくれた、同じ個体なのかは?知る術も無いけれど、澱んだ空気を一瞬にして浄化してくれるようなそのさえずりに(戻って来てくれて有り難う)そう勝手に決め込んでは、語りかけずにはいられない。  入団2年目経過を間近に控えての「パリテ!」では、私はウグイスチ―ムの一員だ。  介護突入で仕事を辞め、その1年半後に姉が逝ってから数ヶ月経った頃に「かんじゅく座」を知り、余りにも不規則な勤務体制との両立は、出来得ないと判って、職場復帰の選択肢は外すことにした。  け・れ・ど!もしかしたら?やりたかった事と、出来るかも知れない事は、全然違うのではないか、そう思い知らされる日々が待っていたのだった。  砂粒を手に取るが如く、一つ一つ拾い上げてみても、すぐに溢れ落ちては又同じ事を繰り返す・・途方にくれ何度立ち尽くしてしまっただろうか。  紡がれた物語は生命を吹き込まれ、一人ひとりが繋がり合い、限りある空間と時間の中で表現されて行く・・「役を生きる」その事をようやく気付きはじめてはみても、あまりにもおぼろげで、次の一歩は遙か遠くに在るかのようだ・・・。  姿はみえないけれど、確かに其処に居るあの「鶯」のように、眼に映るものだけが存在をしている訳では無いという事を、私はいつまで憶えていられるだろうか。   「愛しい娘、リサ。此れから一所懸命に前を向いて歩いて行ければ、貴女のその泪も、違った色に見えるのかしら?」            レイ 【お知らせ】 いよいよ今週本番!! 2021年6月17日&20日 舞台芸術交流センター「あうるすぽっと」(東京都豊島区)にて上演する「パリテ」の予告編を、下記URLにてご視聴頂けます。↓ https://youtu.be/AOLU7wOQxWI
2021年6月2日パリテ…構成舞台で!
 いよいよ「パリテ」の本番まで、三週間を切った!  今回の演目は、私にとって初めてとなる構成舞台である。構成舞台とは、「写実主義等を排し,鉄材や木材を幾何学的に構成することによって,立体性や抽象性を強調した舞台」と物の本にあるが、都度リアルな建物や街並みを配する、見慣れた舞台のそれとは大いに違う。  ランダムに並ぶ木箱や木枠は、その位置や置き方を縦横に変えることで、その場の空気感を見事に展開して行く大道具。特に木枠に至っては、まるでドラえもんの”どこでもドア”の感もあり。  現実と回想や、複数の物語が同時進行するシーンなどが、そのシンプルなセットにより、不思議なほどに色付けされていく新鮮味。どう映えるのか、客席から覗いてみたい衝動さえ湧いてくる。  今回、私達は舞台後方に並ぶ木箱に腰を掛けていることがある。但し、それは静態しているのではなく、生活感のあるオブジェのように動きを伴い、まさに生きる背景だ。意外に難しいぞ!”物言わぬ演者”。どんな居住いで物語を彩るか、その工夫がこれまた楽し。  さて、この構成舞台と皆の演技が融合したとき、田舎町ののどかな風景や匂い、そしてそこで交錯する感情の揺れがお客様に伝わり、いかに豊かな心象風景を抱いて頂けるものなのか、乞うご期待の作品だ。最後の仕上げに、気は引き締まる。            アベ 【お知らせ】 2021年6月17日&20日 舞台芸術交流センター「あうるすぽっと」(東京都豊島区)にて上演する「パリテ」の予告編を、下記URLにてご視聴頂けます。↓ https://youtu.be/AOLU7wOQxWI
2021年5月22日固定観念から・・・
 「固定観念」 というものがある。 いわゆる、考え方がひとつの枠の中に閉じ込められた状態である。こういったものが、組織の中に蔓延するといい方向には進まない。  例えば、あるグループが一人の人間を都合の悪い人間として、その人がミスをした際に有無を言わせず、必要以上に責めて宣伝する、グループ全員でである。そうなると、その勢いを恐れて誰も本当の事を言わなくなる。当然、その組織は、見かけ倒しになり硬直化する。これは、双方にとって不幸である。   人間は、誰一人いつも同じ状態では居られない。したがって、ミスをしない人は誰一人いない。 しない、としているような人は、まわりも手伝って、それを巧妙にもみ消しているにすぎない。   この固定観念は、こと、演劇に関しても邪魔である。皆、違っていていいのであり、何が正解で間違いかと言うこともない。 特に舞台演劇では、新鮮な気持ちでやれば毎回、その演技は変わってくる。 自由に、一生懸命、稽古をしていれば演出家がその方向を、示してくれるだろう。そうして、気がつけば出来上がっていたというものだと思う。  世の中には、無数の心が傷ついた人がいる。 そういう、人たちに癒しの手を差し伸べなければならない。その誠実さによって、実は、自分自身が癒やされ、蘇生していくのではないかとも思う。   必要なのは、抜け目のない利口さより、優しさや思いやり。そして、「固定観念」というものが、我々人類の歴史上、一番恐れる「戦争」への近道、ということも忘れないでほしい。            トモ   【お知らせ】 2021年6月17日&20日 舞台芸術交流センター「あうるすぽっと」(東京都豊島区)にて上演する「パリテ」の予告編を、下記URLにてご視聴頂けます。↓ https://youtu.be/AOLU7wOQxWI
2021年5月9日役に近づく…?近づける…?
 私が歩んできた人生は私だけのもの。もちろん他の人の人生は歩んでいない。だから自分のことしかわからない。言ってしまえば、自分が経験体験してないことを自分の身で感じ入ることはとても難しい。  でも、演じるということはそういうこと。他人の人生を生きるということ。さぁ私は今、このさても困難で厄介な事柄に頭を痛めている。    ほら、想像(imagination)の翼を精一杯広げてごらん、得意だろう〜? お〜きくできる限りひろ〜く! そうそうその調子、いいねぇー そしてそこで掴み取ったものを、今度はもうひとつの創造(creation)の力をフル活用させて、我が身で表現していくのさー ほうらやってごら〜ん さぁさぁさぁさぁ どらどらどらどら、、、、ううう〜ん “言うは易し行うは難し”!  そりゃ似た様なことは経験したことがあるよ。でも…そこまで追い詰められなかったな…「?」待てよ、よくよく考えて思い出してみると…うん、すこぉ〜しだけわかる様な気がする…あの時のあの気持ち、あの頃のあの生きにくさ…あの場面での耐え難い想いが今の胸に沸き上がってくるぅ ぐるじぃ〜  いやもう歳、取り、過ぎた!あれからもう大分経って、時の流れがすべて消し去ってくれて、そうじゃなきゃやってらんない自分がいて、前に進むために、モヤモヤした気持ちを自分の中にしまい込んで我慢し…えっ!?待って。どこかで聞いたセリフ…  とにもかくにも、連日連夜昼夜問わずこれです。こうして苦しみ悩み、我をいじめ演出家を恨めしく思い…本番が近づいていくのです。あぁあぁ〜くるしいぃいぃ 誰か助けてぇ〜 この地獄から救い出してぇえぇ〜  って、この時間、作業こそが、た・の・し・い~  間違いなく。M… !? ハッ・ふっ(^^)           はま児 【お知らせ】 2021年6月17日&20日 舞台芸術交流センター「あうるすぽっと」(東京都豊島区)にて上演する「パリテ」の予告編を、下記URLにてご視聴頂けます。↓ https://youtu.be/AOLU7wOQxWI

\ぜひお買い求めください/グッズ販売

かんじゅく座公演のDVDは2年以上前の演目は一律1,000円、最新作は2,200円で販売しています。
お名前、送り先、お電話番号、ご注文商品、個数を明記の上、お問い合わせフォームからご依頼ください。

方舟は飛沫をあげて
最新作DVD「方舟は飛沫をあげて」
2,200円
DVD「みのりの畑」
DVD「みのりの畑」
1,000円
10周年記念CD「舞台に咲いた歌の花」
10周年記念CD「舞台に咲いた歌の花」
1,000円
DVD「シニアの花道」
DVD「シニアの花道」
1,500円
DVD「全国シニア演劇大会 in南アルプス」
DVD「全国シニア演劇大会 in南アルプス」
2,000円
DVDドキュメンタリー映画「つぶより花舞台」
DVDドキュメンタリー映画「つぶより花舞台」
3,500円

このたびは、かんじゅく座にお問合せいただきありがとうございます。
下記フォームに必要事項を記入のうえお問合せください。

※最近、お問い合わせいただいたアドレスに返信しても弾かれてしまうことがよくあります。
メールアドレスはinfo@kanjukuza.comからのメールを受け取れるように設定をしてください。

お名前
メールアドレス
題名
メッセージ本文
ここがページの終点です。

ここがページの終点です。