かんじゅく座は60歳以上の方々のアマチュア劇団です。

***
***
***
***
***

5月公演のお知らせ

  • チラシ表
  • チラシ裏

「方舟は飛沫をあげて」

1964年、アジアで初めてのオリンピックが東京で開催されました。

明るく、エネルギーに溢れていたあのころ…みんなが頑張って積み上げてきたものは、これからさきどうなっていくのでしょう。そしてこれから私たちはどこへ向かってゆくのでしょう。

『2つのオリンピック・パラリンピックを体験する世代が送る群像劇』

バレーチーム追加公演決定
5/24(金) 18:30

※開場は開演の30分前
※マラソンチームとバレーチームのW キャスト
※24日は公演後にアフタートークがあります。
※26日の公演は視覚障がい者向けの音声ガイドがあります(要予約)

チケット料金
自由席            2,200円(前売り・当日共に)
2チームセット券       3,500円
映画「つぶより花舞台」    1,000円

※高校生以下無料
※障がい者の介助者1名まで無料
※新宿区、中野区にお住まいで、かんじゅく座公演を初めてご覧になる方は無料
※公演をご覧になった方は映画を500円でご覧いただけます。

バリアフリーサービスについて(ご予約時にお申し付けください)
視覚障がい者の方向けに音声ガイドをご用意しています。聴覚障がい者の方には台本の貸し出しをいたします。車いすでもご入場いただけます。介助者は1名まで無料で入場できます。受付では筆談で対応できます。

 

新宿区、中野区の60歳以上の方
日頃、活動拠点としている新宿区と中野区の60歳以上の方で、かんじゅく座観劇が初めての方は、無料でご招待させていただきます。この予約は、かんじゅく座への電話で承ります。必ずご予約の上、当日はご住所と年齢が確認できるものをご持参ください。

 

出演者
マラソンチーム
飯田のん はるみ えみり むう かわちまさこ ヒコ マリリン 山本正男 近藤輝二 阿部均 竹馬和子 くぼたゆみこ さいとうちえこ いちこ 小林幸雄(客演) 才藤長彦(客演)
バレーチーム
宇都みきこ テル AKOU 長尾千春 小春 松崎玲子 澤はま児 もりりん やっこ 井口七生 加藤友三郎 びわこ きよし 荒関三枝子 丸茂志保里(客演) 福永康紀(客演)

 

スタッフ
企画製作・作演出/鯨 エマ 編曲/みながわちかこ 歌唱指導/白神直子 振付/山口夏絵(マグナム☆マダム) 照明/福田さやか 美術/江連亜花里 音響/二木くみ子 舞台監督/清水義幸(カフンタ) 指導協力/仲野元子 制作/遠藤いづみ 宣伝美術/GOTEX バリアフリーサービス/福本慶子・崎本実弥 協力/劇団サンシャイン・ひめ・鈴木和枝・オードリー・中口明夫 製作/NPO法人シニア演劇ネットワーク

 

チケットご予約はこちらから

アクセス
東京都中野区中野3-22-8 事務所電話 ☎03-3381-8422
劇場ロビー ☎03-3382-1560(公演期間中のみ)
JR中央・総武線/東京メトロ東西線「中野駅」南口より
徒歩7分くらい。駐車場はございません。車、バイクでのご来場はご遠慮ください。

※画像をクリックで拡大します

5月公演のお知らせ

  • チラシ表
  • チラシ裏

「方舟は飛沫をあげて」

1964年、アジアで初めてのオリンピックが東京で開催されました。

明るく、エネルギーに溢れていたあのころ…みんなが頑張って積み上げてきたものは、これからさきどうなっていくのでしょう。そしてこれから私たちはどこへ向かってゆくのでしょう。

『2つのオリンピック・パラリンピックを体験する世代が送る群像劇』

バレーチーム追加公演決定
5/24(金) 18:30

※開場は開演の30分前
※マラソンチームとバレーチームのW キャスト
※24日は公演後にアフタートークがあります。
※26日の公演は視覚障がい者向けの音声ガイドがあります(要予約)

チケット料金
自由席            2,200円(前売り・当日共に)
2チームセット券       3,500円
映画「つぶより花舞台」    1,000円

※高校生以下無料
※障がい者の介助者1名まで無料
※新宿区、中野区にお住まいで、かんじゅく座公演を初めてご覧になる方は無料
※公演をご覧になった方は映画を500円でご覧いただけます。

バリアフリーサービスについて(ご予約時にお申し付けください)
視覚障がい者の方向けに音声ガイドをご用意しています。聴覚障がい者の方には台本の貸し出しをいたします。車いすでもご入場いただけます。介助者は1名まで無料で入場できます。受付では筆談で対応できます。

 

新宿区、中野区の60歳以上の方
日頃、活動拠点としている新宿区と中野区の60歳以上の方で、かんじゅく座観劇が初めての方は、無料でご招待させていただきます。この予約は、かんじゅく座への電話で承ります。必ずご予約の上、当日はご住所と年齢が確認できるものをご持参ください。

 

出演者
マラソンチーム
飯田のん はるみ えみり むう かわちまさこ ヒコ マリリン 山本正男 近藤輝二 阿部均 竹馬和子 くぼたゆみこ さいとうちえこ いちこ 小林幸雄(客演) 才藤長彦(客演)
バレーチーム
宇都みきこ テル AKOU 長尾千春 小春 松崎玲子 澤はま児 もりりん やっこ 井口七生 加藤友三郎 びわこ きよし 荒関三枝子 丸茂志保里(客演) 福永康紀(客演)

 

スタッフ
企画製作・作演出/鯨 エマ 編曲/みながわちかこ 歌唱指導/白神直子 振付/山口夏絵(マグナム☆マダム) 照明/福田さやか 美術/江連亜花里 音響/二木くみ子 舞台監督/清水義幸(カフンタ) 指導協力/仲野元子 制作/遠藤いづみ 宣伝美術/GOTEX バリアフリーサービス/福本慶子・崎本実弥 協力/劇団サンシャイン・ひめ・鈴木和枝・オードリー・中口明夫 製作/NPO法人シニア演劇ネットワーク

 

チケットご予約はこちらから

アクセス
東京都中野区中野3-22-8 事務所電話 ☎03-3381-8422
劇場ロビー ☎03-3382-1560(公演期間中のみ)
JR中央・総武線/東京メトロ東西線「中野駅」南口より
徒歩7分くらい。駐車場はございません。車、バイクでのご来場はご遠慮ください。

お知らせ

フェースブック・ツイッター

\劇団員による/稽古場日誌

5月20日最終稽古です!いよいよ明日は劇場へ!

ついに最終稽古の日がやってきました。
もがいても、慌てても、もう最後。
毎日一進一退。クリアしたい課題を山積みにしながらも、稽古場を後にするのですが、正直、座員たちは体力限界と闘いながら、よく頑張っています。今年はいつも以上に早く稽古が進みました。私の個人的な理由で、稽古が1ヶ月遅れることを鑑みて、前倒しでスタートしたため、ほぼ5ヶ月、緊張感の中にいたような感覚だと思います。
午後に行う通し稽古では、その都度タイムを計り、余計な部分をそぎ落として、全員の演技を「信じられるもの」にしていく作業を重ねてきました。
お客様には信じられないことかもしれませんが、最終稽古と言いながら、創作過程でまだまだ発展途上なことを残しながら本番の幕を開けるのです。千秋楽まで模索し続ける、千秋楽になっても完成しきることはない、そんな創り方をしています。
今回は旗揚げから四年目に公演した作品のリメイクです。いわば再演ですので、私も今一度、この作品を今年発表する意味や、自分にとってのモチベーション、劇団にとっての意義などを見直す時間を得ています。まだ足りない、もっとできる、と思いながら稽古場にいられた時間は、本当に貴重で、演劇をこよなく愛するものにとって、至福の時間だったと思います。そして苦しい時は、「人生は暇つぶし」というフレーズを心の中で繰り返すのです。。。自分が積み上げてきたものに、こだわり、そして手放す。それは、時間という流れの中で課せられた宿命のように思います。この「方舟は飛沫をあげて」という芝居の中で描いていることでもあります。
今日、稽古場を後にするとき、この空間に34人の感情が渦巻いたこと幸せに思うことでしょう。劇場でまた、この芝居を介してたくさんのお客様と出会えることを楽しみにしています!鯨エマ

5月9日映画「つぶより花舞台」ひさびさの公開!

こんにちは!鯨です!
「方舟は飛沫をあげて」本番まで2週間!!
毎年のことながら、あれよあれよと時間が過ぎていく、慌ただしい日々を過ごしています。
進歩に時間がかかっても、稽古場でときどき起きるミラクルに演出の私もわくわくする瞬間があります。
「稽古は裏切らない!」
どこの現場でも、これに尽きると痛感しています。
初舞台、あのころの頑張りをわすれずに、緊張感をもって
のこされた稽古時間を過ごしたいと思います。

さて、初舞台、といえば、、、、、
そうです!
13年前のかんじゅく座旗揚げ公演が、映画になっているのです。
当時の初々しい稽古風景が、公演期間中に劇場で蘇ります。
5月25日16時から、78分間の上映です。
座員も若かったですが、私も若かった・・・・!
この映像を見ると、「かんじゅく座で一番老けたのは私だわ」と思いますよ。

実はこの映画、メキシコ国際映画祭で受賞したんです。
ちいさな映画祭ですが、初めての受賞で、わざわざ交通費かけて
授賞式に行っちゃいました。
メキシコの小さな町、ティファナのホテルが会場でした。
ここは、国境のすぐ近く。
当時はアメリカから簡単に入国で来たんですが、
いまは、トランプによって、壁がつくられている、あそこです。

では、劇場でお待ちしています。
5月25日16時~@中野ザポケット

鯨エマ

5月1日みらい館での稽古開始(水曜チーム)

5月1日

みらい館での稽古が始まり、練習用ですが舞台の段差も現れました。
あと3週間で本番です。3週間といっても週二回の稽古ですから、残り7〜8回しかありません。カウントダウンです!
今日は場面の始まりと終わりタイミング、場と場のつなぎ、出はけ、小道具の出し入れをひとつひとつ確認しました。
次回からいよいよ通し稽古に入ります!
        小春

4月23日火金チーム最終衣装合わせ

4月23日(火)

今日の午前中は火金チームの2回目の衣装合わせ。

2週間前の1回目で決まらなかったものは今日までに調達することになっています。

1場から順に衣装を着て並びます。

服装だけでなく、ヘアースタイルやアクセサリー、バッグや靴に至るまで細かくチェックを受けます。

少しだけ積み残しがあるけど、ほぼ決まりましたーー( ´∀`)

午後は6場~11場までの稽古。

来週から始まる「みらい館」での通し稽古まで時間がない。
っていうか、本番まであと1ヶ月

お尻に火が付いたーー(汗)
      はるみ

4月11日水曜チーム 衣装合わせ

4月10日

第1回衣装合わせを行いました。

登場人物はみんな市井の人々ではあるけれど、1964年東京オリンピックの年、その10年後、現代と3時代を生き抜きます。時代の違い、年齢の変化に合わせ、同じ場面に立つ人との色のバランスを考え、さらにその時の役の感情が匂い立つような衣装と持ち物が決まればベスト。が、これがなかなか難しい。貸し借りで服が稽古場を飛び交います。

今日「要変更」となったものは、2週間後を目指して再検討します。

舞台をつくる、役を演じるために装束はとても大事。役に合った衣装をゲットするまでがんばろう!
        (小春)

3月22日CM作りに挑戦

今日は有志で、某商品のCM作り体験をしました。
映像のお芝居は、基本的に舞台と同じではありますが、やはり、パーツの演技が求められたり、枠に収まらなければならないなど、普段の稽古で体験していないことがあって、刺激と緊張の現場でした。
やっこちゃんには主役を演じていただきましたが、彼女の真っ直ぐで真摯な姿勢が生かされた三枚目になりました。まさに、新境地発見です。
いっちゃんには、いかにもお局という、濃いキャラを演じていただきました。目つきなど、色っぽく演じてくれて、これも笑えるキャラに。
アコウさんは、昔気質な演出家の役。灰皿飛ばしの練習に励んでいました。
新人の阿部ちゃんも、真面目にやればやるほど滑稽に見えるロミオになりました。

周囲を支える劇団員たちは、劇団員という役所を演じ、セリフに頼らぬ仕草、表情の芝居を炸裂させました。

劇団サンシャインのコバGも夫役で参加。改めて、この人かっこいいんだなー、と思いました。

さあ、この映像が見られる日は?こうご期待。
          (エマ)

\ぜひお買い求めください/グッズ販売

かんじゅく座公演のDVDは2年以上前の演目は一律1000円、最新作は2200円で販売しています。
お名前、送り先、お電話番号、ご注文商品、個数を明記の上、お問い合わせフォームからご依頼ください。

最新作DVD「みのりの畑」
2200円
10周年記念CD「舞台に咲いた歌の花」
1000円
DVD「シニアの花道」
1500円
DVD「全国シニア演劇大会 in南アルプス」
2000円
DVDドキュメンタリー映画「つぶより花舞台」
3500円

このたびは、かんじゅく座にお問合せいただきありがとうございます。
下記フォームに必要事項を記入のうえお問合せください。

お名前
メールアドレス
題名
メッセージ本文
ここがページの終点です。

ここがページの終点です。