かんじゅく座は60歳以上の方々のアマチュア劇団です。

***
***
***
***
***
***

2021年6月全国大会参加作品「パリテ!」稽古中です。
出演者若干名募集中!
出前公演先も募集しています。
詳しくは電話 09080836888 まで!

かんじゅく座過去の公演はこちらからご覧いただけます。
2020年11月8日公演「ねこら!」
https://www.youtube.com/watch?v=-ivckEYwwew&feature=youtu.be

また、ジョイント公演したミニミュージカルユニット半熟座の様子は、こちらでご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=yNMq4TidTEQ&feature=youtu.be

この動画は2021年5月31日までご覧いただけます

お知らせ

2021年1月2日お問い合わせをくださる方へ
入団希望やそのほかお問い合わせをくださる方は、当劇団からのメールを受け取れるように受信設定していただくか、必ず電話番号を明記するようにしてください。せっかくお問い合わせ頂いても、返信が弾かれてしまうことが多いです。どうぞ宜しくお願い致します。 鯨エマ 09080836888
2020年12月14日「パリテ!」出前公演先 募集中
かんじゅく座は、いま2021年6月に全国大会で上演する「パリテ!」の稽古をしています。 この演目の出前公演先を募集しています。 小中高等学校をはじめ、演劇鑑賞をかんがえていらっしゃる団体の方、ぜひ、ご検討ください。 内容: 職場のストレス、育児のストレスから逃れて、故郷である田舎町に戻ってきた女性が、ふとしたことをきっかけに、町長選挙に出馬することに!その町では、高等学校の生徒会長選挙も間近に迫っていました。自分の悩みを、社会の問題としてみんなで考えていくにはどうしたらいい?生活と政治と人の繋がりを問う、選挙劇! 上演時間:1時間 オプション: アフタートーク。終演後にお客様とお芝居について話す30分。 料金 :基本的に無料ですが、場所によっては交通費や舞台セット運搬料などご相談します。 お問い合わせ: 09080836888またはお問い合わせフォームから。
2020年11月20日2021年6月の全国大会参加作品に向け、新たな仲間を募集しています。

2021年6月あうるすぽっと(東池袋)

60才以上のシニア劇団かんじゅく座『パリテ!』出演者募集

「かんじゅく座」では、 全国12劇団が参加予定の『全国シニア演劇大会in Tokyo』で上演する公演「パリテ!」(作・演出 鯨エマ)の出演を前提とした劇団員を募集しています。
シニアならではの持病、闘病、リハビリ、老老介護、看病、孫の世話、そしてまだまだ仕事がある、、、などの諸事情を抱えている方ばかりですが、助け合って毎年2回の公演を続けながら15年が経ちました。
芝居がやりたい!という気持ちがあれば、初心者でも、台詞が覚えられなくても、きちんと指導し、必ず舞台に上がっていただきます。いい仲間と、たくさんのお客様との出会いがあります。ご参加お待ちしています。

【本番】

『全国シニア演劇大会in Tokyo』

2021年6月17日/前夜祭 18-20日/本大会中、1ステージまた は2ステージ出演
※本番前に別会場で限定観客の凱旋公演を予定しています(詳細未定)

【稽古の曜日と月謝費用】

かんじゅく座は2チームに分かれて活動しています。どちらも同じ演目を稽古しますが、週1回の水曜チームは芝居の稽古メインで。週2回(火曜、金曜)の火金チームは稽古と基礎稽古(発声やダンス、即興、歌、リズム、座学など)を組み合わせて進みます。
ただし水曜チームは、公演本番2〜3ヶ月前から土曜日に臨時稽古が入り、そのぶんひと月4千円加算になります。

▶︎週2回の火金チーム 10:30〜13:30(基礎稽古は12:30まで)
月謝
60代13,000円
70代12,000円
80歳以上5,000円
公演前は16:00まで稽古。

▶︎週1回の水曜チーム 10:30〜13:30
月謝
60代9000円
70代8000円
80歳以上5000円

臨時稽古を開始すると、水曜と土曜になり、時間も16:00までとなり月謝はプラス4000円。

【『パリテ!』について】

「パリテ」というのは、選挙の時に候補者を男女同数にしようというフランスの法律です。とある田舎町で、女性が町長選に立候補する物語。ダブルキャストです。

【稽古場】

主な稽古場 猫の寄り道スタジオ(新宿区荒木町*最寄駅は地下鉄曙橋または四谷三丁目駅)本番直前の集中稽古はみらい館大明(豊島区池袋)を予定。

【申込方法】

稽古見学したい方は、直接「かんじゅく座」主催の鯨エマさんにお電話でご連絡ください。見学などしていただき、12月15日までに決断していただければと思います。(鯨エマ:09080836888

フェースブック・ツイッター

\劇団員による/稽古場日誌

2021年4月15日JAZZと演劇
 こんな私の思い込み、合っているのかいないのか……日頃の私達は、先回りして覗くことが叶わぬ岐路に、頻繁に遭遇し都度即興で対応している。そう、人生は「ハプニング」と、奔放でも最後はまとまる “ジャムセッション” みたいな「アドリブ」の連続だ。  では、演劇は?と見直せば、脚本で岐路と未来を覗けるからか、ついつい先読み演技に陥りがち。ついては「時には食い気味・時には間を取る」、アドリブ感のあるやり取りが、演技に幅を持たせるような…そんな気がする。  たとえば、稽古中の「パリテ」でのワンシーン・・・女性達の歓談中、突然聞こえる年長者からの鋭い叱責。そこで間髪入れずに放つ私の台詞が、先読みでなく自然に口を突いたようなそれならば、瞬時に空気を変えるはず。と、それを理解し演じれば、少しはリアリティーが宿るかも。  勿論、楽譜を逸脱して、心の有り様を自由に表現するJAZZのアドリブと、演劇は、単純に重なることはないけれど、通じるものを私は感じる。飛び交い移ろう台詞や情景、軟らか頭で読み解いて、心の閃き表すセンスに磨きをかけたいと願うとき、「あぁ~稽古って大事だよねぇ!」の心の声がこだまする。            アベ 【お知らせ】 2021年6月17日&20日 舞台芸術交流センター「あうるすぽっと」(東京都豊島区)にて上演する「パリテ」の予告編を、下記URLにてご視聴頂けます。↓ https://youtu.be/AOLU7wOQxWI
2021年4月3日只今奮闘中!
 火・金チームの“よしおちゃん”矢板由雄と申します。現在6月の全国シニア演劇大会in Tokyoに向けて「パリテ」の稽古の真っ最中です。  私は今回「パリテ」で神沢大吾役です。実は、私の長男の名前が大悟で、“吾と悟”の文字の違いはあるものの同じダイゴです。自分の長男につけた名前“大悟 ”が、“大吾”となり私に戻ってまいりました。大事にしなくちゃ。  2年前の東京新聞で「かんじゅく座」を知り“舞台で輝くシニア募集”に目を奪われ、輝きたい一心で即座に連絡、見学そして入団です、なにしろ私は好奇心旺盛で、自分が経験したことのない事に途方もなく弱いんです。  「パリテ」の稽古も佳境に入り、連日稽古も熱を帯びて来ています。私はセリフかみかみ。(舌が少し短くなったかも?若くないので、もう生えてこないとは思いますが、若くはないので)  今日もまた颯爽?と(ヨタヨタ!)稽古場に向かうよしおちゃんです。           よしお
2021年3月22日歌謡コント只今稽古中
 去年全国シニア演劇大会in Tokyoが延期になり、劇作セミナーに行って休んでいた私にも出演の口がかかる。ふと大会のチラシを見るとロビーのサブステージに半熟座出演とある。本ステージの合間にやるそうで、空いている。  幸いかんじゅく座の演目「パリテ」は女性中心で男性ならもう一つ芝居ができそう。エマさんに短いのならできると聞く。そこで自作の台本の中で(と言っても3つしかないのだが)上演にふさわしいものとして、「歌謡コント」を選んだ。3つとも別役実風の不条理劇である。登場人物は2人。相手役はあべちゃんを選んだ。  コント55号の欽ちゃんの不条理な世界に引きずり込まれる二郎さんとして、あべちゃんがぴったしかんかん。あべちゃんに承諾してもらい、稽古に突入。火金の稽古日に稽古終了後1時間やることにする。  稽古しながら2人で話し合い、台本を修正、動きも2人で考えながらやってきた。歌は、かなり減らし、結末は二段ひねり。猫スタが使えない時は、四谷3丁目のカラオケルームでやる。12ページの台本だが、休むことなく、2人で言い合うので台詞はいっぱい。手間暇かけた劇がどう仕上がるか楽しみである。不条理劇、それとも単なるコント、どうとらえられるのか、皆様見てくださいませ。            ヤマ
2021年3月10日一人ひとりが主人公
 今、私達は6月の全国大会公演に向けて、稽古に励んでいる。 役も決まって、その役に身体ごと滑り込むのに、躍起になっている今日この頃である。  さて、その役と言うものなのだが、主役、脇役、端役などに分けられてしまう。よく主役は、脚光を浴び、脇役、端役は陰に隠れてしまうと言われ、つまらなく感じる人も多いのでは、 と思う。  はたして、そうなのか?ある俳優は、今この場面に出ている者、これが主役と言うものであると、喝破している。  そうなのである。 私達の人生は、一人一人が主役であり、その物語を舞台で表現するのが演劇なのだから、当然と言えば当然と言う気もする。 (と言うことは、ついクセが出ると言う点では、日常の生活も大事になってくる。)  また、もっと大事なのが、誰も見ていなくても、製作に幾日、費やそうとも使われるのは、ほんの一場面でもそんな事、百も承知で日夜遅くまで励んでいる、大道具、照明、音響さん、それらを、まとめる制作など様々なスタッフ、そして、わざわざ見に来てくれる観客の皆さんも含めて、いわゆる、演劇は総合芸術的な家族と言うべきものである。  我々が、一生懸命に演技をすれば、その人達の仕事も輝きを増し、観てくれる人の心にも伝わるものが、きっとあるだろう。だから、どんな事にも手を抜く訳にはいかない。迷わず、ただ全力を尽くすのみである。            トモ
2021年2月25日脱!大根役者
①文頭を明確に。 ②脚本の音読ではダメ。 ③人の台詞や動作に都度反応し、舞台上でビリヤードの玉の如く連動すること。 ④台詞を発する前の自分は、それまで何をしていて、どういう状況にあったのかを考えて気持ちを作る。 ⑤発する台詞は、対峙する相手に向けてのものなのか、舞台上の皆に向けてのものなのか、はたまた客席に向けてのものなのか、誰に対して発するものなのかを常に意識する。 ⑥感情や環境の変化に合わせて、発声の息を変える。 ⑦だらだらと平板で発声をせず、強調すべき箇所はしっかり言葉を粒立てる。 等々(まだまだ山ほどありますが)、主宰からのダメ出しを吸収・理解し演じていても(つもりでも?)中々に奥深く、一朝一夕では身に付かない。我ながら情けなくもあり、ファイトの源泉にもなるのです。これが!  折に触れ、自分の稽古や本番の動画を観ると、満足の域には程遠く、「あぁ、なんて下手くそ。大根!」と、深いため息が口をつきます。  そんな時、ん?「大根」ってナニ?の疑問が沸々と。物の本によれば、諸説あるようですが、「大根は食べても滅多に食あたりすることがないことから、食べてあたったためしがない⇒役者として当たらない。」という連想から生まれたとの説もあるそうです。  かんじゅく座に入団して以降、演劇や映画の観賞で、従来は主役にばかり注いでいた視点が、自然と脇役の動き・表情・手の位置などにも向いていることに気付きます。  昨秋の「ねこら」もそうでしたが、現在稽古中の「パリテ」においても、舞台上に多数の演者が同時に登る場面も多く、台詞を発せずともいかにその場の一員として空気感を醸成出来るのか、下手くそなりに試行錯誤の連続です。  残念ながら、遅々として上達はしませんが、観客からは絵画のように舞台全体が見渡せる訳で、それを構成する主役も脇役も、誰一人として物語には欠かせぬ存在なのだと肝に命じ、私は「脱!大根役者」を目指し場面に溶け込む努力を重ねて、これからも稽古のたびにもがいてみます。            アベ
2021年2月13日衣装合わせになに着よう?
 新演目「パリテ」の稽古が徐々に進む過程で、楽しみの一つである衣装合わせが目前です。経験浅い私ですが、これまでに演じた「親分に従順な大工」「親父に反発しながら成長する高校生」「世間知らずのネコ」、そして今回演じる「尻に敷かれるタクシー運転手」などの配役が決まる都度、心踊らせて洋服箪笥を引っ掻き回したり、衣料品店に目が行くようになった自分に気付きます。  台本を読み込み、配役の履歴書を作成していく時、皆が自分なりのイメージを膨らませていると思いますが、個々に衣装を持ち寄るだけでは、鮮やかな舞台にはならないのでしょう。きっと!  そこで欠かせないのが、演出家の助言です。それは、昨秋の出前公演「ねこら」の、あの彩り豊かな舞台写真を見れば一目瞭然です。  ついては、衣装の選定が独りよがりにならぬよう、俯瞰的に舞台に視線を送り、構成を練る作演出家の視点を知りたくて、エマさんに質問を投げ掛けてみました。 Q.衣装合わせで、最も留意される点はどこですか? A.遠くからでもハッキリと役柄が識別できること。そして役者の士気を高めること。 Q.個々の衣装の色合いやスタイルは、どの段階でイメージしますか? A.書いている時にもイメージしていますが、本読みしていて変わってきます。また、稽古している段階でも私の予想を覆すキャラクターになった時は、変わってきます。イメージを変えてもらえるのは、世界が広がるので面白いです。 Q.舞台全体の色彩が決まる順番は? A.「美術」「装置」の存在は大きいです。舞台を見た時にパッと目に入ってきますよね。でも、装置が目立って人が目立たない、では良くないと思います。装置も衣装も殺し合うのではなく、引き立て合うのが良いと思うので、同時に考えています。照明は両者を引き立てるものだと思うので、特殊な効果(スモークやストロボなど)でない限り、時間と場所の設定(朝、昼、夜、室内、野外)くらいしか気にしていません。照明プランナーが芝居のイメージに合わせて考えてくれるので、劇場に入って照明を見てぶったまげる!というようなことはないです。 Q.個々の衣装の最終的な決定要因は何ですか? A.配役+時代かな。。。配役+役者の個性+時代と答えたいところですが、役者の個性というと語弊がありますね。役者に似合うことはとても重要ですが、役者がそれを着て変身出来ることが大事だと思うので、気に入ったものばかりではないと思います。「普段こういう色は着ないけど、この役に近づくために着てみよう」と思ってもらえればいいのですが。。。。 Q.作品の構成上、衣装が占める重要性とは? A.かんじゅく座のように、同じ年代の人が子供から高齢者まで演じなければならない時は、衣装で識別するしかないので、非常に重要です。それから、全体の雰囲気、時代、社会情勢もわかります。また、役の向かう方向も色で示すことができるので(ベタな例ですが、陰鬱な青年が希望を持って生きるようになる、など)盛り込める意味合いは多数あります。逆に、意味のない衣装はないです。 Q.その他、作演出家の視点で衣装合わせについて思うことは? A.着るのは、自分ではなく、役ということ。変身できることを楽しんでほしいです。  質問は以上です。個々のキャラクター作りによっては、作演出家のイメージさえも覆す可能性も秘め、意味のない衣装はなくて、衣装を着るのは役であり、変身を楽しんで!などの回答に触れ、物語と配役の背景をじっくりと読み解き衣装を選ぶことの、重要性と楽しさを再認識しました。  さてさて、これを踏まえて6月の本公演の舞台に繋がる衣装合わせでは、「なにを着ようかな?」。            アベ

\ぜひお買い求めください/グッズ販売

かんじゅく座公演のDVDは2年以上前の演目は一律1,000円、最新作は2,200円で販売しています。
お名前、送り先、お電話番号、ご注文商品、個数を明記の上、お問い合わせフォームからご依頼ください。

方舟は飛沫をあげて
最新作DVD「方舟は飛沫をあげて」
2,200円
DVD「みのりの畑」
DVD「みのりの畑」
1,000円
10周年記念CD「舞台に咲いた歌の花」
10周年記念CD「舞台に咲いた歌の花」
1,000円
DVD「シニアの花道」
DVD「シニアの花道」
1,500円
DVD「全国シニア演劇大会 in南アルプス」
DVD「全国シニア演劇大会 in南アルプス」
2,000円
DVDドキュメンタリー映画「つぶより花舞台」
DVDドキュメンタリー映画「つぶより花舞台」
3,500円

このたびは、かんじゅく座にお問合せいただきありがとうございます。
下記フォームに必要事項を記入のうえお問合せください。

※最近、お問い合わせいただいたアドレスに返信しても弾かれてしまうことがよくあります。
メールアドレスはinfo@kanjukuza.comからのメールを受け取れるように設定をしてください。

お名前
メールアドレス
題名
メッセージ本文
ここがページの終点です。

ここがページの終点です。