下北沢デビュー

例年、中野の「ポケット」で上演していた5月公演。今年は、半径500mのエリアになんと10の劇場やホールがひしめいている「演劇の街」下北沢所在、1984年開館の「駅前劇場」での上演になりました。いよいよ、下北沢デビューです!

公演に先立ち、友人達に出状した案内にも、「今年は演劇のメッカ、下北沢での公演です。」と、少し自慢気にしたためたりして…

数多の演劇人の、夢や汗が染み込んでいるであろう歴史ある舞台。お客様の息づかいさえ聞こえてきそうなほど客席との距離が近い中で、A・B両チームが、交互に語り!踊り!歌った!今年の公演が終演しました。

今回の「喝采は星の彼方に」は劇中劇の群像劇。日頃の稽古場を再現しているような、ある意味ノンフィクション的なフィクション。構成台本をベースにアドリブを積み重ねて、座員達が個々に実感している、老い・ハンディ・人間関係等の人生経験を踏まえつつ創り上げた舞台。スポットライトの中で、皆のびのびと思いを表現したのではと感じています。

勿論達成感はありますが、我がAチームの演技を客観的に観るには、DVDの完成を待つしか、今のところ手はありません。そんななか、直接私が観劇出来た大千秋楽のBチームのそれには、「どっこい俺らは前を向く!」と、聞こえてきそうなシニアのパワーと息吹きが溢れていたのです。

公演を終える都度、舞台は総合芸術だと実感します。今回も作演出のエマさんを始め、作曲・振り付けの講師の方や、舞台監督・小道具製作・照明・音響・制作・票券・宣伝美術のスタッフの皆さんには、心からの感謝しかありません。

さぁ、また来年、一回り成長した姿で、この場に立ちたいとの意を強くしつつ、正直ホッと一息ついてる朝です。

                   アベ

クラウドファンデングにご協力ください

私たちかんじゅく座は、『全国シニア演劇大会 in 大阪』に出場いたします。大会を滞りなく、安全に、楽しく行うために、クラウドファンディングを実施します。皆様のお力添えをよろしくお願いいたします。

[最高齢出演者95才]
シニア演劇大会 in 大阪で
高齢者から「命の大切さ」を発信したい!
目標金額:2,000,000円
募集期間:2024年6月28日(金)まで

https://motion-gallery.net/projects/428engaki
近日公開!